Pernilla Wiberg from Sweden

Nagano and Morioka. Two Japanese ski stations that meant a lot to my skiing career. Nagano Winter Olympic Games 1998; silver medal in downhill. Morioka Alpine World Championships 1993; I was at home watching the other racers at four o´clock in the morning, because my achilles tendon was broken… Japanese people are strong! I know you will finally overcome this devastation that has happened to your country. You have many friends from all over the world who sends you lots of energy! One world, one mind!
1998年の長野オリンピックでは滑降で銀メダルを、そして1993年の盛岡、雫石世界選手権はアキレス腱を痛めて居た為、朝の4時からスウェーデンの自宅から、テレビで試合を見ていました。ですから、長野と盛岡は私のスキー人生において、非常に思い出深い場所です。
日本国民の皆様は強い方々です! 私は皆さんがこの大震災から見事に復興されることを信じています。どうぞ、世界中の仲間達が皆さんへ沢山のエネルギーを送っていることを忘れないですください。
世界はひとつ、私たちの心はひとつです!
ペルニラ ヴィーベルグ(スウェーデン)
1992アルベールビルオリンピック、1994リルハンメルオリンピック メダリスト

Leave a Comment