Update from Akira

Dear Skiers:

It’s been 4 days since I’ve been home. In that time, I experienced a magnetite 4.0. It feels like I’m constantly on a boat. The rocking motion feels like you’re a drunken sailor.

I walked around Tokyo and it’s no longer the Tokyo I knew. It’s dark and the food is gone from the store shelves. I never imagined Tokyo could be this dark.

Surprisingly conveniences we’ve all been used to are no longer there. 24 hour service stations are no longer open all day. Grocery store shelves have very little to offer.

All this change opens your eyes to just how dependent Tokyo is on electrical power generated by nuclear power plants far away.

Now with a crippled electrical grid and many thousands dead, things are not the same.

Earthquakes have become so frequent, that people are no longer surprised by them. The new fear is nuclear radiation that is affecting an ever expanding perimeter around Fukushima. People are fearful of the drinking water and the food supply.

When still in Europe, I thought I could pinpoint a devastated area that needed funds most desperately, but now that I’m here in Japan, I have come to realize that with a 500 KM long disaster zone, the need is so great, in so many places.

As time moves on, it seems that there will have been 26,000 people dead from this event, but there are still organizations and the community that are looking for survivors.

With all these relief efforts, the country has virtually stopped normal, every-day activities. But even so, I believe it’s important for our people to continue with action of all kinds, otherwise Japan will stop functioning in many ways. That’s why Tetsuya Okabe (former World Cup Slalom Skier) and I put on a small charity event up in Karuizawa with young kids. After the drills and exercises, I had a chance to speak with them. I said, “you guys are not hurting, so please continue to be strong for our people: eat enough, play a lot, study hard, and pray for the kids in Tahoku.”

As a father of two, children are a big focus in my life and I find it a worthy mission, to provide for those children who lost their parents and extended family in the Tahoku area. I will be visiting there to see the devastation first hand and I will update you all soon.

Thank you for all your support.

Respectfully,
Akira

 

 

日本へ帰国し今日で4日が経ちます。
帰国してすぐに俺は震度4強の地震を体験しました。
地震後も船から降りた後の様な揺れが俺の体にまとわりついてた。
そしてそのまま東京の現状はどうなのか街へ行って自分の目で確認しに行きました。
そこには俺の知ってる東京は無かったです。
街は暗く、コンビニには商品が全くない棚が。
こんなにも暗い東京は想像が全くできませんでした。
そしてコンビニから商品が消えているのにも驚きました。
24時間営業のガスステーションもクローズ。本当に驚いてます。
地震が起こした津波によって多くの命をも奪って行った。
しかしそれだけでは無くあんな遠く離れた原発に東京の電力が影響されているのも初めて知りました。
今、日本人は恐い事に地震に慣れてしまっています。それが現状です。
きっとこれが他の国だったら一大事と言う様な地震でさえも。
まただね。と。
今は地震よりも原発による、水の汚染、野菜の汚染で全く被害の受けない遠く離れた地でも
買い占めと言う行為が人々の首を自ら絞めているように思います。
日本に帰国してヨーロッパに居た時は感じる事が出来なかった事が本当に沢山あります。
そして何よりメディアに出ていない被災地の多さに言葉を失いました。
500キロに渡って被災しているんです。
ヨーロッパにいる時には必ずこのテレビでやってる津波で壊滅した地域を助けたい!って思っていました。
日本に帰って来て、そんな小さな事じゃ無かったと言う事に気が付きました。
今行方不明者の生存率は限りなくゼロに近い様な気がします。
しかし現場の人達はそれでも諦めずに頑張ってくれています。
NGO,日本赤十字,自治体それぞれが力を合わせネットワークで繋がり活動しています。
俺は現場で実際に動いてる人達へ義援金を直接持って行き是非、復興はもちろん、両親を無くしてしまった子供達や勉強をする事もする場所も出来なくなってしまった子供達を助けたいと思っています。
俺はチャリティイベントでも子供達に伝えました。
日本は今ほとんどのが自粛と言う空気が流れているが、このままではスキー界はもちろん、
日本が動かなくなってしまう。
だから「皆は被災者、被災地の事を思い、元気なんだから皆の分までいっぱい食べていっぱい遊んでいっぱい勉強しろ」と。
この災害が今2週間で日本に及ぼした影響は自分の想像を遥かに超えていました。
また自分の気持ちと現状を書かせてもらいます。

 

佐々木明

Leave a Comment